トップページ >  美容にいい洗顔石鹸って? >  美白にいい石鹸は成分でわかる

美白にいい石鹸は成分でわかる

美白にいい石鹸は成分でわかります。 単純にコスメも石鹸も配合成分の質で、効果がわかります。 化学業界の人が、いいコスメか悪いコスメか成分をみて一瞬で気極められるのは、成分の知識があるからです。

美白にいい石鹸は、決まっています。厚生省から公表されている美白成分はそれに当たります。 美白にいい成分は、シミを薄くする成分とシミが出来ることを予防成分の2つに分かれますが、 ほとんどの美白成分はこの機能のどちらか、または両方を果たします。

ハイドロキノン、馬プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸、フラーレン、ビタミンC誘導体、マグノリグナンなどが有名です。 植物エキスではウドエキス、カモミラエキスですね。

洗顔時は、汚れがとれた直後なので、美白成分を吸収しやすい状態です。 なので、「よく汚れが落ちて、美白成分を含む洗顔料」がもっともシミに効果的な洗顔料です。

逆に美白成分が配合されていない洗顔料は、美白をうたっていても、シミを薄くしません。 また、ソフィーナ、シーラボのようなメーカーが独自で開発した美白成分の効果は、まだまだ?がのものが多いので注意が必要です。

このサイトでも、美白にいい石鹸を成分から取りあげているので参考にしてみてください。 成分を中心に紹介しているので、広告だけでまったく美白効果がない石鹸はとりあげていません。

美白にいい石鹸は成分でわかる

  「よく汚れが落ちて、美白成分を含む洗顔料」がもっともシミに効果的
  美白成分が配合されていない洗顔料は効果なし