トップページ >  美容にいい洗顔石鹸って? >  美肌にいい石鹸は成分でわかる

美肌にいい石鹸は成分でわかる

美肌ってどういう状態でしょうか? 美肌の3大条件は「毛穴レス、シミくすみがない、潤っている」の3つです。 それぞれについて、対策ができているかが美肌をつくるには必要です。

対策といっても、これらに必要なことは、良質な「美白成分」「保湿成分」が配合されている石鹸を選ぶだけです。 もちろん、洗顔効果も重要ですが、年齢を重ねると皮脂分泌は少なくなるので、洗浄効果はこだわらなくても大丈夫です。

美白にいい石鹸は、決まっています。厚生省から公表されている美白成分はそれに当たります。 美白にいい成分は、シミを薄くする成分とシミが出来ることを予防成分の2つに分かれますが、 ほとんどの美白成分はこの機能のどちらか、または両方を果たします。

ハイドロキノン、馬プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸、フラーレン、ビタミンC誘導体、マグノリグナンなどが有名です。 植物エキスではウドエキス、カモミラエキスですね。

また保湿成分に質によっても美白効果はかわります。美白効果は、潤いのある肌コンディションがないと働かないからです。 "美白+保湿"というのが成分のベストな組み合わせなのです。

美白におすすめ石鹸は、「美白成分を含み、保湿成分も多い」石鹸です。 成分の特徴をみて、これに当てはまる石鹸を選びましょう。 このサイトでも、この特徴にあった石鹸だけを紹介しているので、参考にしてみてください。

美肌にいい石鹸は成分でわかる

  「美白成分を含み、保湿成分も多い」石鹸が美肌をつくる