トップページ >  美容にいい洗顔石鹸って? >  石鹸成分で肌が違ってくる

肌の違いは、石鹸の成分しだい

石鹸の成分のことをきちんと理解していますか? 宣伝や口コミだけで、惑わされていませんか?

コスメや洗顔料は、配合されている成分で効果が決まります。 配合されている成分以上の効果はありませんし、配合成分が働かないこともありません。

コスメや洗顔料は、配合成分がすべてです。 それなのに、配合成分は無知な人が多いのが現状です。
美白になりたい、乾燥を改善したい、シミくすみを改善したいと本当に思うなら、なんという配合成分が何に効くのか理解する努力もしましょう。 配合成分を一度覚えれば、目利きができるようになるので、一生コスメ選びに困ることはなくなります。

石鹸は動物や植物から採取される油脂を原料として作られています。 たとえば、配合成分名『ココイルグルタミン酸TEA』や『スルホコハク酸ラウレス2Na』はヤシ由来の天然成分で、 肌にやさしく、敏感肌の方でも安心して使えるところが特徴だとわかることです。

石鹸なら他にもBG、カルボマー、酸化鉄、パラベンなどがベースです。 BGはコスメにも含まれている効果の低い親水性の保湿剤、カルボマーは水溶性のビニルポリマー、酸化鉄は低刺激の紫外線防止剤、パラベンは防腐剤。 このように分別がつくことです。

石鹸の成分は、洗浄成分以外に、美容成分も含まれるようになりました。 美白になりたい、乾燥を改善したい、シミくすみを改善したいなら、成分をみればその効果がわかります。 このサイトでは成分でわかるように、美容石鹸・美白石鹸を紹介しています。

肌の違いは、石鹸の成分しだい

  コスメや洗顔料は、配合されている成分で効果が決まる
  石鹸の成分は、洗浄成分以外に、美容成分も含まれるようになった